人工呼吸器ユニット118


救急車が到着する前に救急救命処置が実施されることによってより高い救命効果が期待できます。心肺停止傷病者で救急救命処置を実施することによって、していない場合と比べると1ヵ月後の生存者数が約1.2倍もかわってきます。
さらに、心原性心肺停止の場合では約1.8倍も応急手当によってかわります。

「人工呼吸器ユニット118」で救急救命処置の知識がなくても、気道確保・酸素吸入・吸引・人口呼吸をおこなうことができ、救急車や医師が到着するまでにAEDと併用することで、救命効果のある「心肺蘇生」と「人工呼吸」を適切におこなえます。


1台で4役の『人工呼吸器ユニット118』



※救急自動車の現場到着までの平均時間約8分とされ、その間に救急現場付近の一般住民による応急手当が適切に実施されれば、より高い救命効果が期待できます。全国の救急隊が搬送した全ての心肺停止傷病者のうち、救急隊の到着時に家族等により応急手当・救命救急処置が実施されている場合の傷病者の1カ月後の生存者数の割合が約6.8%応急手当が実施されていない場合の割合が約5.5%となっています。比較すると応急手当を実施した場合約1.2倍も救命効果が高いのです。また、心原性心肺機能停止の時点が目撃された傷病者で、救急隊員が到着するまでに家族等により応急手当・救命救急処置が実施されている場合の傷病者の1カ月後の生存者数の割合は約15.4%、応急手当・救命救急処置が実施されていない場合の割合が約8.4%、その差は約1.8倍と救命効果が高くなっています。